シンクライアントの種類とその特徴

シンクライアントの種類と特徴を正しく理解しましょう

シンクライアントの種類を説明します

シンクライアントは、基本的なソフトだけを搭載し、多くのサービスをサーバで提供しています。その為、インストールするソフトウェアは最小限で済みますので、企業にとってはコストダウンを図る事が可能になります。シンクライアント端末の種類は多岐にわたり、デスクトップパソコンやノートパソコンやタブレットなどがあります。従来はデスクトップパソコンやノートパソコンをベースにする事が多いですが、近年では、タブレット端末を使う事が多いです。タブレット端末は、軽量で薄型の端末が多く、持ち運びにも便利ですので、シンクライアントとしては優れています。サーバ上で動作させるプログラムは、企業の業務システムを構築する為には欠かせない物であり、高機能さを求めていく事が可能です。

性能で選ぶシンクライアント端末

端末を性能で選ぶ事で、サーバーとネットワークに接続した時に処理速度不足で動作が緩慢になるのを防ぐ事が出来ます。基本的には、サーバーの性能によって左右されますが、シンクライアント端末の性能は高い方がよりスムーズにシステムを構築する事が可能です。サーバーサイドプログラムは、クラウドサーバで動作するように作られており、デスクトップアプリと同等の機能を搭載させる事が出来るようになっており、その為、使用する端末側には高性能さは求められていないのです。コストパフォーマンス重視で選ぶ事も可能であり、多くのメーカーのオンラインショップで製品が発売されていますので、その中から比較検討して業務システムに組み込む事が出来ます。性能で選ぶか、価格で選ぶのかは、企業の使用用途次第です。

価格で選ぶシンクライアント端末

価格で製品を選ぶ場合には、デスクトップタイプやタブレットタイプが安くて導入がしやすいです。デスクトップタイプは、超小型からミニタワーまで幅広い種類が存在します。デスクトップタイプのシンクライアント端末を導入する事で、従来型のオフィスワークがしやすくなります。一方で、軽量な端末が必要であれば、ノートパソコンやタブレットが有効です。クアッドコアプロセッサを搭載したモデルも存在しており、複数の処理を行った時に処理速度が極端に落ちないようになっています。シンクライアント端末の特徴は、少ないメモリやストレージでも十分に機能する事であり、その分、軽量で持ち運びに便利であり、価格が安い製品選びが出来るようになっていますので、様々な製品をショプで選べるでしょう。

Tintri VMstore T5080の参考価格7,400万円です。 開発作業の遅れを引き起こすパフォーマンス問題を解消! 仮想マシン単位での可視化、制御、洞察、即時適応をストレージのコンソールで管理できます。 Tintri VMstore T5040の参考価格2,500万円です。 SSDを搭載したフラッシュストレージで、レイテンシーは1ms以下の高パフォーマンスを提供します。 シンクライアントはティントリにお任せ